本文へ移動

活動紹介

◆「福島地域福祉ネットワーク会議」 活動紹介

読売新聞に掲載頂きました! (2024.03.04)

2024-03-04
 全国的に「移動」が課題となる中、『土船おでかけサポート』への注目が集まっています。
地域で少子高齢化が進み、様々な担い手が不足しています。町内会活動、環境保全、農作業、、、中でも、日々の生活を支える「移動」の困難は大きな課題です。土船区では、福祉の分野を越えて共生社会実現を目指す福島地域福祉ネットワーク会議(厚労省の小規模法人ネットワーク化協働推進事業の一環)と住民の皆さんが共に考え、ルールを作り、相互連携の元で『おでかけサポート』を始めました。誰でもが参加しやすく、負担の少ないルールを策定。地域の中での福祉(支え合い)の一環として運営されています。

 通院では送りと迎えの2行程。買い物ではご近所乗り合いで楽しく1行程。路線維持のためバス停までは1行程100円。バス停前の事業所に相談してのパークアンドライド。無理の無い支え合いのためにも地元タクシー会社の利用も促しています。

 住民同士の助け合いを基本に据え、福祉事業所が事務局として協力。バス路線やタクシーの維持も含めて「移動」を支え合う先に、本当の目的である福祉(健康・交流・生活の質の維持)が成り立ちます。健康寿命を伸ばすことで医療費の抑制や地域における災害時の協力体制づくりも視野に入れています。今後益々、社会福祉協議会様や地域包括支援センター様との連携を拡充させていきます。

 ご関心をお持ちの方は福島地域福祉ネットワーク会議事務局(青葉学園内:吉野)までご一報ください。

090-6553-1584
fukushima.chiikifukushi.ntwk@gmail.com


ボランティア運転者講習会を開催しました! (2024.02.16.&17)

2024-02-27
 土船区と福島地域福祉ネットワーク会議が連携して実施している「土船おでかけサポート」。シンプルかつ明確なルールで実践が重ねられ、他の地域からも参考にしたいとのお申し出を頂いています。

 特に今回は福島医療生協さん、福島市社会福祉協議会さん、生涯学習活動推進員の会さんとの連携となり、渡利病院の研修室をお借りしての開催となりました。窓口をご担当頂きました福島医療生協渡利病院の職員の皆さまには、数次の事前会合・会場準備・駐車場ご案内など、多方面にわたりご協力頂きました。誠にありがとうございました。福島市社会福祉協議会さまには「ボランティア養成講座」という貴重なお時間を頂戴し、福島地域福祉ネットワーク会議の取り組み(おでかけサポートにクローズアップ)をご紹介。住民同士の支え合いと地域に所在する福祉事業所が連携することで、地域課題に対応できるとのご認識を高めて頂くことが出来ました。

 ボランティア運転者講習会には全国移動サービスネットワーク理事の大山様に講師を依頼。今年度、3回で計6日間の講習に66名の参加がありました。講義と実技の双方で大変お世話になり、ありがとうございました。

 講習会受講後、運転会員・利用会員の同意書が提出され、移動支援専用保険に加入頂ければ、個人であってもお住まいの地域で支え合いのボランティア「おでかけサポート」を実践可能となります。私たちの取り組みは「交通政策」ではなく、あくまでも地域の福祉を拡充させるための「支え合い」です。そのため、手続きの簡素化・ルールの単純化で柔軟性と機動力を伴った住民活動をサポートしています。ご関心をお持ちの方は福島地域福祉ネットワーク会議事務局(青葉学園内:吉野)までご一報ください。

090-6553-1584
fukushima.chiikifukushi.ntwk@gmail.com
ボランティア運転者講習会の様子
講師の大山さん
損保ジャパンさんによる移動支援専用保険の説明
修了証を受け取る受講者
社会福祉法人の公益的活動の一環として検討する方も

福島民報新聞に掲載頂きました! (2023.12.27)

2023-12-29
 元気な高齢者が異動の困難を抱えた高齢者を支える取り組み「土船おでかけサポート」を、福島民報さんが分かりやすい記事にまとめて下さいました!

 ご近所同士が乗り合いで買い物に行けることは、お互いの元気を確かめ、食材を自分で選び、健康を考えた食事を維持する上で大切なコト(福祉)です。その支え合いは万が一の防災にも役立つ仕組みに繋がります。日々の移動を支え、地域の福祉を充実させること。それが「土船おでかけサポート」の真の狙いです。

 ご関心をお持ちの方は福島地域福祉ネットワーク会議事務局(青葉学園内:吉野)までご一報ください。

090-6553-1584
fukushima.chiikifukushi.ntwk@gmail.com

「土船おでかけサポート」が福島民友新聞に! (2023.12.22)

2023-12-26
 活動開始から3年目を迎える“顔の見える小さな交通”『土船おでかけサポート』。先進事例として認知度が高まり、このほど、取材を受けることとなりました。

 この活動は住民同士の支え合いによって成り立っています。共に地域の課題を見つめ、自分たちでルールを作り、相互の協力で動こうとする前向きな姿勢が、このような誰しもに役立つ互助的活動を支えています。運転という、日頃慣れ親しんだ手段をボランティア活動の入り口とし、広く地域の福祉に役立てる。単なる移動に留まらず、車内での楽しい会話やお買い物は地域に暮らす者同士をつなぎ、きちんと通院出来ることや食生活の改善・体操教室への参加は健康寿命を伸ばします。さりげない気配りが、なにげない日常生活を支える力=地域の福祉に結びついていきます。

 少子高齢化が進み、国も住民同士の助け合い活動(移動支援)を支持しています。ライドシェアや乗り合いタクシーなどの議論も盛んとなる中、最も生活に近い範囲での『ほんとうに小さな交通』として活動が連鎖し始めています。土船の皆さまの先駆性とフットワークの軽さがもたらす好循環に、今後も期待しています!
いつものお買い物先はいちい庭坂店
取材を受けるボランティア運転手の長南きよ子さんと利用会員の長南モトさん
取材を受ける宍戸修一区長さん

土船活性化懇談会に参加しました (2023.12.03)

2023-12-11
 地域課題の洗い出しを行い、住民同士で話し合いや学習の場を設ける区主催の「土船区活性化懇談会」。今回は、改築なった「地域交流ホール」を会場に、青葉学園との連携・福島地域福祉ネットワーク会議との連携について話し合いが行われました。

 まずは本館事務棟とショートステイの部屋、交流ホールを見学。ワークショップ形式で地域活性化のための利活用方法や連携方策について話し合いが持たれました。

 活発なご意見から、お茶会や映画会などの交流・認知症カフェやスマホ教室などの学習・AED講習会など具体的な提案が上がりました。


宍戸区長挨拶
神戸常務理事挨拶
施設の見学
吾妻副区長によるワークショップ進行
ワークショップの様子①
ワークショップの様子②
活発な議論が行われました!
会場の様子
社会福祉法人 青葉学園
〒960-2152
福島県福島市土船字新林24番地
TEL.024-593-1022
FAX.024-593-0687
 当ホームページに掲載されている画像及び文章 記述の無断複製 無断転載を禁止いたします。無断利用の場合には、法律により処罰されます。
0
5
0
0
2
7
TOPへ戻る