本文へ移動

里親支援

◆里親ってなに?


 里親(養育家庭)とは、さまざまな事情で親と暮らすことのできない子ども(要保護児童)を家庭に迎え入れ、一緒に生活する人のことです。

 里親専門支援員は里親さんに委託を進める取り組みをしております。

支援内容

関係機関との連携
児童相談所や里親会と連携し対応いたします
児童相談所からの依頼で、養育里親・養子縁組里親の登録前養育実習も行っています
里親の新規開拓
多くの方に里親制度を知っていただくため、里親ミニ講座を開催しています(出前講座も行います)
里親・里子相談対応
電話のほか、訪問相談も行っています
 里親について詳しく知りたい場合は、お気軽にお問合せください。

◆活動紹介

養育里親・養子縁組里親登録前養育実習を行いました

2022-10-24
 10月上旬に養育里親・養子縁組里親登録前研修養育実習を青葉学園で行ないました。

 はじめに「児童養護施設の現状」や「子どもたちの生活の様子」について学んでいただき、その後子ども達と協力しながらガーランド制作をしました。一つのガーランドに使用する18枚の丸いフェルトは、それぞれ好きな色を選びました。ボンドが直ぐに乾かず苦戦した部分もありましたが、カラフルで可愛いガーランドが完成しました。

 昼食後は園庭に出て施設の案内。その後は大人も子どもも本気になって鬼ごっこやかくれんぼをしていました。里親さんは「こんなに子どもと遊ぶのには体力を使うのか。」と息を切らして話していました。

 遊んだ後は電子レンジを使い、おやつ作りです。
一品目は、スーパーカップのアイス1つとホットケーキミックス1袋で蒸しパンを。出来上がった蒸しパンにチョコペンでデコレーションしました。

 二品目は、醤油をまぶしたご飯を丁寧に麺棒(ラップの芯)で伸ばしレンジにかけ、パリパリ煎餅を作りました。一緒に作ったおやつをみんなで分け合い、子ども達も嬉しそうに食べていました。

 里親候補のご夫婦は実習の間もずっと寄り添い関わってくださり、一日を通して楽しい時間を共有することができました。是非、今後も子どもたちとの交流を継続していきたいと思います。

里親ミニ講座を開催いたしました

2022-10-03
会場の様子
和風料理 絹の里
 9月27日(火)に里親ミニ講座の3回目を開催しました。

 青葉学園 常務理事・児童家庭支援センターあおば センター長の神戸信行からの挨拶で始まりました。
里親についてパワーポイントを使用し分かりやすく説明をしました。

 その後、二本松市で長年里親をされている方から体験談をお話頂きました。
その中で「里親をしていて大変なこともあったけれど、里子を迎えたからこそ見える世界がある」とのお話もあり、参加された方々から「とても良い時間を過ごさせて頂きました。」「心に響く内容でした。」等の声を聞くことができました。

 また、ご自身の里親としての生き方を話すことにより、周りに里親が増えたこともお話くださいました。

 貴重な里親体験談をお話し頂き、ありがとうございました。

*2回目の里親ミニ講座に参加をされた方が旦那さんを連れて一緒に参加をしてくれたことがとても嬉しく思いました。

 今回の会場は「和食料理 絹の里」さんでした。日頃よりのご支援に加え、ご協力ありがとうございました。


養育里親・養子縁組里親登録前養育実習を行いました

2022-09-30
 9月20日(火)に養育里親・養子縁組里親登録前養育実習を青葉学園のたんぽぽ館で行ないました。

 施設長から児童養護施設の現状講義、関支援総括家庭支援専門相談員から施設の概要や子どもたちの生活の様子の講義をしました。

 子どもとのふれあいの時間では、午前中はガーランドの制作・午後はおやつ作りをして楽しく過ごしました。おやつは電子レンジで簡単に作れる蒸しパンとおせんべいを作りました。
とても美味しくできました。

 台風の影響で室内遊びをしましたが、折り紙8枚を使って動く手裏剣や万華鏡を制作して里親候補の方にプレゼントをしました。

 里親候補のご夫婦は穏やかに優しく子ども達に接してくれ、和やかな時間を過ごすことができました。
今後も継続的に交流を続けていきたいと思います。



里親ミニ講座を開催いたしました

2022-09-12
 今年度2回目の里親ミニ講座をフォーズマーケット山下店さんの御協力で開催しました。

「里親について知ろう」~子どもたちのためにできること~のタイトルで、里親について説明をしました。

 その後、里親をされている方の体験談を聞くことができました。
里親になった理由や里子を預かって楽しかったことや大変だった本音を聞くことができました。

 アンケートで、「里親さんの生の声が聞けて良かった」「里親について知ることができて良かった」との回答もありました。

 ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 9月27日(火)には今年度3回目の里親ミニ講座を絹の里で開催致します。

 里親体験談は別の方にお願いをしているので、お時間のある方は是非お越しください。

里親ミニ講座を開催いたしました

2022-06-24
 6月22日(水)に1回目の「里親ミニ講座」を開催しました。

 はじめに、社会福祉法人青葉学園の神戸常務理事よりあいさつと、福祉の現状のお話がありました。

 講義「里親について知ろう」では、里親を必要とする子どもたちが置かれた事情を、また、養育里親と養子縁組の区別、福島県内の里親登録数などの説明をさせていただきました。「自分は里親登録しなくても、里親さんを地域で温かく見守ってほしい。それも ~子どもたちのためにできること~ になる」とお伝えしました。

 里親体験談では、福島市内で7年間養育里親をされているご夫婦から。
奥様(里母)から、「同じ母親だからお母さんの子育ての大変さがわかるよ。私は、子どもを預けているお母さんにも密かにエールを送り続けている」と。ご主人(里父)からは、「役割分担しながら夫婦でうまくやっている。ずるいと思われるかもしれないけど、叱る時は妻にまかせて、自分はなだめる役割」と、お話をいただきました。

 温かい気持ちのご夫婦の元で生活できる里子さん、良かったですね。今日も里子さんとご夫婦仲良く育児をされていることでしょう。私たちもご夫婦の想いに気持ちが温かくなりました。素敵なお話しを本当にありがとうございました。

 2回目の里親ミニ講座は、9月10日(土)フォーズマーケット山下店にて開催する予定です。
参加ご希望の方はご連絡ください。


社会福祉法人 青葉学園
〒960-2152
福島県福島市土船字新林24番地
TEL.024-593-1022
FAX.024-593-0687
 当ホームページに掲載されている画像及び文章 記述の無断複製 無断転載を禁止いたします。無断利用の場合には、法律により処罰されます。
0
5
1
5
3
4
TOPへ戻る