本文へ移動

青葉学園からのお知らせ

青葉学園の新型コロナ感染症への対応

2021-02-14

 今なお、世界中で新型コロナウィルスが猛威を振るっており、なかなか感染者数も減ることがありません。


 青葉学園がある福島市でも昨年の12月26日から福島市独自の緊急警報が出されており、青葉学園でも子ども達が楽しみにしている様々な行事の取止め、もしくは縮小を余儀なくされ、今年度は、創立以来続いてきた創立記念日の子ども達による模擬店もなく、規模を縮小しての行事になりました。


 また、子ども達が楽しみにしている夏休みの旅行も取りやめ、例年であれば普段子ども達がお世話になっている学校の先生方をお招きして盛大に行うクリスマス会も、今年度は外部のお客様をお招きすることなく、規模を縮小して行いました。

 

 そんな我慢を続けている子ども達に、「せめてもの楽しみを・・」との温かいご厚意で映画のご招待を頂き、先月末、子ども達は映画を観に出掛けることができました。感染症対策には十二分に配慮した上で少人数に分かれて出発しました。観たのは、今話題の『鬼滅の刃』と『プぺル』です。


 今年度は、ほとんど外出することなく過ごしてきた子ども達は、大喜びで出かけていきました。戻ってから2週間が経過しましたが、幸いにも体調不良を訴える子はおりませんでした。


 今回の映画へのご招待に限らず、多くの方が子ども達をお気遣いくださり、たくさんのマスクや消毒用のアルコールなどを頂いております。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。子ども達が多くの皆様に見守られながら、コロナ禍の中ではありますが、健やかに日々を過ごしてくれればと願っております。

 

 青葉学園では、新型コロナウィルス感染症対策として、職員・子ども共に毎朝体調確認と検温を行って記録しています。また、入念な手洗いとアルコール消毒の徹底、日頃から三密をさけての行事の実施に努めています。また、保護者の方にもご協力とご理解を得まして、面会等の実施の際には、検温とアルコール消毒をして頂いております。


 そうした取り組みの成果もあってか、今のところ、青葉学園では新型コロナウィルスの感染者は出ておりませんが、今後も気を抜くことなく、感染症対策を徹底していきたいと考えております。

 

 なお、2月13日午後11時7分に発生した地震で、被害が発生している地域もあることと思いますが、青葉学園につきましては、現在のところ、特に地震による被害は起きておりません。まだまだ、余震が続く可能性もあるようですが、少しでも早く収束することを願っております。

 

今年もご支援ありがとうございました。

※ 写真に載っているのは、子ども達が『あおばっ子クラブ』で作った月ごとの作品です。
 2020年は、異常気象と災害、コロナ問題など未曽有な出来事が異なる年となりました。
 
 今まで当たり前の生活が大幅に制限されましたが、皆様のあたたかなお心遣いに支えられて、今年も歩み続けられたことを心から感謝いたします。
 
 子ども達と職員が共に力の下で、できる限りの自由な発想で日々の生活を大いに楽しむことができ、心癒されました。
 
 新しく迎える年は、コロナ問題が治まり、世界中で喜べる平和な年であることを心から願っております。
社会福祉法人 青葉学園
〒960-2152
福島県福島市土船字新林24番地
TEL.024-593-1022
FAX.024-593-0687
 当ホームページに掲載されている画像及び文章 記述の無断複製 無断転載を禁止いたします。無断利用の場合には、法律により処罰されます。
0
2
7
8
1
1
TOPへ戻る