本文へ移動

各種行事

行事・イベント

RSS(別ウィンドウで開きます) 

七五三

2021-11-25
 今年は、5歳と7歳の元気いっぱいの男の子と女の子が七五三を迎えました。

 お衣装は、京都府舞鶴市のキクヅル様、着つけ・撮影は福島市内の写真スタジオさくら様のご厚意により、記念の写真撮影が行われました。二人の子どもは、この日を楽しみにして待ちわびてました。

 当日、スタッフさん達にあたたかく迎えて頂いて二人には、ちょっぴり嬉しい緊張感がありましたが、優しく包み込む言葉がけで、すっかりリラックスすることができました。

 立派で豪華なお衣装を次々と着せて頂いてお化粧・髪作りをして頂き、どんどん大変身していく鏡の中の自分に"ドキドキしちゃう!”と胸をときめかす姿から二人の幸せな思いが、付き添っている私たちにも伝わってきました。

 立派なお衣装と着付けに子ども達は、お殿様とお姫様のように凛々しく可愛らしく変身した二人は、タイムスリップしたかのようです。

 神社に寄ってから帰宅すると2人のそれぞれの兄達が待ち受けていて、手を繋いだり肩に腕をまわして写真に一緒に収まる場面もあり、兄弟の微笑ましい一面を見て心が和みました。2人は皆に"かわいい!!”"カッコイイ!!”と誉められ照れくさそうでした。

 "まだ着ていたい!!”と言いながら、素敵な衣装を身に着けた喜びをいつまでも体全体で嚙み締めていました。

 2人の人生の節目を記念する素晴らしい写真撮影にご協力してくださった皆様のあたたかなお心遣いに心から感謝を申し上げます。

ハロウィン

2021-11-19
 コロナ禍の行動制限が緩和されて、ハロウィンイベントが企画されました。

 ホーム毎にお菓子を貰いにまわってくる子ども達にハロウィン用のお菓子の入れ物づくりを工夫しました。

 オレンジ色の紙コップを利用した「カボチャ型」の入れ物。「ほうき型」の入れ物、チュッパチャップスキャンディーを逆さにして足をつけた「クモ型」の入れ物、紙袋を絞った「お化け型」、キャンディーを首飾りにした「首飾り型」がありました。

 さらに、ご近所の方よりたくさんのお菓子を詰め込んで「ミイラ型」にしたものを頂くという嬉しいサプライズもありました。

 職員達も童心にかえって、子ども達と共にワクワク、ドキドキ!!

 お菓子を貰うために、舌がもつれない様に上手に「トリックオアトリート!」と言えるように何回も練習する微笑ましい子どもの様子も見られました。

 照れる子どももいましたが、コウモリの仮装や、ハリーポッターの杖やローブで仮装して各ホームを回ってお菓子を貰っていました。

 楽しみにして飾りつけをしたホーム内で、貰ったお菓子を食べました。

 工夫して園全体でのイベントができたので、子どもも職員も皆で楽しむことができて、心が和んだひとときとなりました。

ハロウィンランタン作り

2021-11-04
 畑の先生(ボランティア)のご指導で、ハロウィン用のカボチャが順調に育ちました。

 ハロウィンに向けて畑で収穫したカボチャでランタン作りを行いました。畑の先生のご指導の下、子ども達は自分の好みのカボチャを選び、色も形も大きさも違うカボチャを思い思いに一生懸命くり抜いていました。

 子ども達によって、カボチャの表情は様々。

 ニコニコ顔や目がハートになっているもの、今年はネコのようにヒゲのあるカボチャもあります。

 ハロウィンに向け、青葉学園の玄関に並ぶカボチャランタン達は、とてもかわいらしいです。

 並べられた色々な表情のカボチャ達を見て、心がほっこりと和んでいます。

枝豆の収穫

2021-10-09
 青葉学園の畑に、職員が植えた枝豆が食べごろになったので、小学1年~3年生に声をかけると、宿題を早めに終わらせて収穫の手伝いをやりに来てくれました。

 畑から枝豆の茎を根っこごと引き抜いた後、虫に食べられたものをのぞいて、枝豆をとりました。

「蜘蛛の巣がついてる!」「穴があいてる!」など、驚きながらも、しっかり実の入ったものを選んでいました。

 途中、中学生や幼稚園生も加わって、総勢10名、職員も入り、一時間ほどで収穫を終えました。

 収穫した枝豆は、各ホームに分けて茹でていただきました。

 とりたての枝豆は香りがよく、味もしっかりしていて、初めての試みは大成功でした。

 「来年もやろうね」「来年はさつまいももやりたい」など、子ども達のやる気もあがりました。

 晴天の青空の下、子ども達は自然の大地の産物に触れ、実のリの喜びにあふれたひとときとなりました。

 又、来年も楽しみです!

お楽しみ夕食会

2021-09-30
 新型コロナウイルス感染防止のために、恒例の学校や園の行事が中止になる中で「お楽しみ夕食会」と聞いただけでワクワクしてしまいます。

 夏休みのお盆の一日、子ども達は心を躍らせて、この日を楽しみにしていました。

 メニューは、ちらし寿司、鶏のから揚げ、フライドポテトとチョコバナナです。そして、更にまっ赤なスイカがあります。

 彩り豊かなメニューを見て「すごっ!!」「めっちゃ沢山あるね!!」と目をキラキラさせ、喜ぶ子どもの姿が嬉しそうです。

 盛り付けは、子ども達が手伝います。

 いかにきれいに美味しそう盛り付けられるか、女の子たちは緊張しながらも懸命に取り組みました。

 他の子ども達から「うわぁ、上手にできたね」と褒められると嬉しそうにしていました。

 食卓に並べられると「食べるのもったいないね!」と言いながらも、お腹いっぱいみんなで思い切り楽しんで味わうことができました。

 「お楽しみ夕食会」は、本当にみんなで楽しむことができた食事会になりました。

 お楽しみ夕食会の後に、毎年行われる慣例の花火大会は、小雨の為延期になり、後日各ホームで楽しみました。

 園にいながらにして、楽しいアイディアを持ち寄って「良き思い出」となりました。
社会福祉法人 青葉学園
〒960-2152
福島県福島市土船字新林24番地
TEL.024-593-1022
FAX.024-593-0687
 当ホームページに掲載されている画像及び文章 記述の無断複製 無断転載を禁止いたします。無断利用の場合には、法律により処罰されます。
0
1
3
7
0
7
TOPへ戻る