本文へ移動

ネットワーク化協働推進事業

「小規模法人のネットワーク化による協働事業」の取り組み

「福島市小規模法人ネットワーク化協働推進事業」に新しい事業所が参加しました。

『社会福祉法人けやきの村』 
 飯坂町中野で活動する福祉サービスの事業所です。障害福祉サービス・介護保険サービス・飯坂北地域包括支援センターの事業を展開。更に福祉避難所や小学校行事への参加、生活困窮者への就労訓練、健康教室と、積極的な地域貢献も行っています。昨年の台風19号を契機に、地域の防災への関心を高める活動も行っています。
 
※チラシ裏面に計11参加団体の活動を紹介しています。
福島地域福祉ネットワーク会議
 青葉学園では、「小規模法人のネットワーク化による協働事業」に取り組む計画である。それは、福祉関係の各団体の持ち味を生かしあいながら、住みやすい地域づくりに貢献する事業である。

 そこに住む人々が安心して生活できる地域の中でこそ、子どもも健やかに育つことができる。そう考えると、子育てを支える各施策の充実と共に、地域の人々が手を携えて豊かな地域づくりに取り組むことが求められている。

 子どもの養育は、家庭で保護者が行うことを原則とするが、そのことは子育ての全てを家庭が担うというものではなく、どの時代も家庭の子育てを尊重しつつ、子どもの育ちを地域が支えてきたところがある。しかし、その地域が少子高齢化の進行とともに大きく変化する中で、家庭が近隣・地域から孤立し、養育の重荷が保護者にのみ集中してしまう傾向が強まっているのである。

 ところで、青葉学園が立地する地域を考えると、小学校で在籍する児童数が減少し、農業の担い手が年々減って、「農作放棄地」や高齢者世帯が増加していっている現状がある。

 そうした、子どもの養育にとって地域の重要性を考えると、そのような環境の変化に、青葉学園として無関心ではいられない。子どもの養育は、家庭(そして青葉学園)の中で自己完結しないからである。

それが「小規模法人のネットワーク化による協働事業」への取り組みに繋がっている。そして、このネットワークの中に青葉学園が存在する「土船地区」にも参加して頂いている。

 子どもにとって良い環境は、そこに住む大人にとっても良い環境となる。その目標に向かって、ネットワーク化による協働事業に取り組んでいきたいと思う。

地域広報紙「土船かわら版」を発行しています。

 福島地域福祉ネットワーク会議の活動に関心を持ってもらうことを目的に、地域広報紙「土船かわら版」を発行しています。青葉学園の子どもたちも土船の住民。地域への理解と愛着を深める意味でも、文化や人物、歳時記などにも触れていきます。地域にお住いの方に編集委員をお願いし、地に足の着いた原稿を書いて頂いています。

地域広報紙「土船かわら版」

土船かわら版 創刊号
土船かわら版 vol.02
土船かわら版 vol.3
土船かわら版vol.4
土船かわら版vol.5
土船かわら版 vol.6
土船かわら版 vol.7
土船かわら版 vol.8

福島地域福祉ネットワーク会議 活動紹介

いちいさん市内11店舗 障がい者福祉事業所の商品模様替えを行いました!

2021-09-08
 株式会社いちいさんが社会貢献の一環としてご協力下さっている「商福連携」での授産製品販売。コロナの影響で販売イベントも中止となり、日常的に販売するスペースを持たないことから苦労を重ねていた事業所では、今回のいちいさんのご協力により、大変助けて頂いています。商品が売れることで福祉施設に通う利用者さんの工賃向上や生き甲斐の獲得に結び付いています。
 5月の本格スタートから4か月が経ち、おかげさまでコンスタントに実績が上がっています。そこで、現在の出店先とは異なる店舗でも商品をご紹介し、活動を知って頂くため、9月7日に全店舗入れ替え作業を行いました。市内11店舗に20事業所が参加し、複数店舗での販売が可能となりました。各店の店長さん・従業員さんの温かい励ましも頂戴し、障がいを持つ利用者さんが心を込めて作った商品をレジ前の棚に並べています。お近くのいちい店舗で、是非、お手に取ってご覧ください。
鎌田店
【鎌田店】4事業所が参加し、お菓子から手芸品まで多彩な商品が並んでいます!
庭坂店
【庭坂店】これまで革小物を作る1事業所のみでしたが、お菓子、木工製品も加わり、3事業所に!
各事業所配置図
【各事業所配置図】市内11店舗、それぞれにバラエティ豊かな品揃えになりました!
●各事業所配置図

「共生社会ふくしま実現協議会」が立ち上がりました!

2021-09-01
 障がいのあるなしに関わらず、誰もが自分らしく、健やかに生活できる「地域共生社会」。福祉の垣根を超え、その地域に暮らす人同士がお互いに助け合い、つながりあう社会を目指して、新しい組織がスタートしました。「制度・分野の『縦割り』や『支える側』『支えられる側』という従来の関係を超え、人と人、人と社会が世代や分野・背景を超えてつながりあう社会を実現させたい」。福島市内で活動する主要な福祉分野が集まり、行政とも連携しながら役割を担い合い、実践活動を進めて行きます。福島地域福祉ネットワーク会議はその事務局を担うこととなりました。
共生社会ふくしま実現協議会設立総会
共生社会ふくしま実現協議会設立総会

障がいのある方やそのご家族と「子ども食堂」との連携のために!

2021-08-15
 コロナ禍にあって、障がいのある方やそのご家族の中には生活に窮する方々も増えてきています。特に障がいを持ちながら子育てをしている方のご苦労が増している状況となっており、NTWK会議に参加する相談支援事業所への緊急連絡が散見される状況に。相談支援専門員が福島市社会福祉協議会や子ども食堂運営者に提供可能な内容をお聞きし、障がい当事者やそのご家族に支援物資(食料品等)を届ける事例をお聞きしました。社協さんの支援物資は緊急用・災害対策用の食品が多く、毎日の生活で役立つ食材の確保とその提供方法も課題となりました。
 一方、福島市内では活動を始める子ども食堂が増え、昨年と比較するとほぼ倍増。善意の活動をつなぐための「福島子ども食堂ネットワーク」も形成されています。お米や野菜、お菓子といった食材や衣類も集まるということで、企業等との関係構築も進んでいるとのこと。この子ども食堂ネットワークと障がいのある方をおつなぎするため、関係者間で会議を開くことにしました。
 福島地域福祉ネットワーク会議を所管する福島市地域福祉課、障がい福祉課、子ども食堂に関わる子ども未来部(青少年育成係)、子ども食堂ネットワーク事務局、基幹相談支援センター、相談支援専門員が垣根を越えて集まり、現状認識を共有して打てる方策を検討しました。
 自家用車を保有していない方のため、相談支援の際に必要と思われる食料品や衣類などをお届けする事、近隣の子ども食堂を利用させて頂くこと(そのための移動支援を含む)など、具体的な支援策を検討。まずは子ども食堂関係者と障がい者福祉(相談支援事業所)との理解促進のため、学習会を開くことを決めました。
 障がいを持つ方の自立が推奨される中、地域に福祉的な資源があることは大きな強みです。子ども食堂や地域包括支援センター、民生児童委員さんとの繋がりを日常化出来れば、障がいのあるなし・高齢者・子どもたちにとってもセーフティーネットが広がるものと期待します。今回の連携をその序章にしたいものです。
 
●福島市内の子ども食堂を紹介するMAP

いちいさんとの「商福連携」について

2021-08-11
 新型コロナ禍が続いており、障がい者福祉事業所にも暗い影を落としています。訪問販売やイベントなどが中止となり、障がいを持つ皆さんが一生懸命作った商品が販売できず、困っていました。そこで、連携・合同で販売できる機会を作りたいと考え、株式会社いちいさんにご相談。地域に密着した流通を社是に「社会貢献」を行いたいと考えていたいちいさんのご要望と一致し、合同販売会や常設販売が実現しました。

 6月から市内11店舗で20事業所が常設販売を開始。全体で毎月40万円を越える売り上げになっています。障がいを持つ利用者さんも「どう作ったらもっと美味しくなるのか」「どんなデザインなら手に取ってもらえるのか」など試行錯誤を重ねているそうです。また、身近な店舗で一般の商品と同様に並べられ、買って頂けることで、やり甲斐、生き甲斐につながっているとのことです。

 7月には「いちい鎌田店」で連携販売イベント(活動紹介パネル展・工作体験を含む)を開催。店長さんをはじめ、お店の方々、地域の民生児童委員さんのご協力を頂きながら盛況のうちに活動することが出来ました。

 目に見える場面が増えることで、障がいを持つ方や障がいそのものへの理解も促進されます。福島地域福祉ネットワーク会議は、誰でもが暮らしやすい地域になることを願って活動を続けていきます。
 

「農福連携体験会」が行われます!

2020-09-25
 福島地域福祉ネットワーク会議では、今年度より農福連携に挑戦しています。少子高齢化が進む土船地域で、障がい者福祉事業所の利用者さんが果樹農家さんの負担を下げるお手伝いに汗を流しました。利用者さんにとっても、心身の健康に役立つ「施設がい就労」策として人気があり、今後ますますの実現が待たれています。
 こうした福祉事業所と農家さんとのマッチングを例に、福島市主催の「農福連携体験会」が開かれることになりました。当日は地域農家さんの指導の下、市内の8福祉事業所が参加。市障がい福祉課や農業企画課、JA全農福島・JA福島中央会・JAふくしま未来、県授産事業振興会も参加。果樹農園での体験作業の後、青葉学園の講堂で説明会を行うこととしています。
社会福祉法人 青葉学園
〒960-2152
福島県福島市土船字新林24番地
TEL.024-593-1022
FAX.024-593-0687
 当ホームページに掲載されている画像及び文章 記述の無断複製 無断転載を禁止いたします。無断利用の場合には、法律により処罰されます。
0
1
1
9
2
3
TOPへ戻る