本文へ移動

青葉学園からのお知らせ

今年もご支援ありがとうございました。

※ 写真に載っているのは、子ども達が『あおばっ子クラブ』で作った月ごとの作品です。
 2020年は、異常気象と災害、コロナ問題など未曽有な出来事が異なる年となりました。
 
 今まで当たり前の生活が大幅に制限されましたが、皆様のあたたかなお心遣いに支えられて、今年も歩み続けられたことを心から感謝いたします。
 
 子ども達と職員が共に力の下で、でできる限りの自由な発想で日々の生活を大いに楽しむことができ、心癒されました。
 
 新しく迎える年は、コロナ問題が治まり、世界中で喜べる平和な年であることを心から願っております。

汚染土について

平成23年3月11日の東日本大震災から9年が経ちました。
 
 原発事故による放射能汚染物質が、福島地区にも降下しましたが、青葉学園の敷地も例外ではありませんでした。震災から1年が経ったころ、青葉学園の敷地の汚染土を除去した残土を敷地内の空き地に埋設してきました。
 
 この度(令和2年2月)に埋設した汚染土を掘りあげて仮仮置き場に移設されました。国の方針としては、福島県の放射線物質については、とりあえず沿岸部の中間処理場に移設し、その後、県外の最終処分場に運ぶ予定になっています。しかし、その日程については、全く未定です。仮仮置き場は、青葉学園から2キロほど離れた空き地に移設されています。
 
 なお、お陰様で敷地内の空間放射線量は、若干下がっては来ていますが、いまだに事故前の2倍以上(0.1~0.12μSv)ある状態です。今後も子ども達の健康被害に留意して子ども達が健やかに育つことが出来るように配慮していきたいと思います。

青葉学園発行の機関紙

「あおば」

あおば27号
あおば28号
あおば29号
社会福祉法人 青葉学園
〒960-2152
福島県福島市土船字新林24番地
TEL.024-593-1022
FAX.024-593-0687
 当ホームページに掲載されている画像及び文章 記述の無断複製 無断転載を禁止いたします。無断利用の場合には、法律により処罰されます。
0
1
3
7
0
7
TOPへ戻る