本文へ移動

各種行事

行事・イベント

RSS(別ウィンドウで開きます) 

手作り野球グッズ

2020-07-23
 今年は、長雨が続いており、子ども達もなかなか外で思う存分遊ぶことが出来ずにいます。
 
 そのようなスッキリしない天気が続く中、子ども達が僅かな晴れ間を見つけて熱中しているのが『手作りグッズ野球』です。
 
 子ども達は、段ボールや箱などを駆使して器用に作った手作りのバットやグローブを持って運動場に集まると、みんなで野球を始めました。
 
 園にも野球の道具は、もちろんありますが、子ども達は何より自分たちで工夫して作ったものを使う方が楽しいようです。そこに自分のグローブ(既製)を持っている中高生達もそれに混ざって、みんなで楽しそうに遊んでいます。
 
 手作りバットを手にした一人に「上手に作ったね。自分で考えたの?」と声をかけると、照れたように頷いていました。我ながら自信作だったようです。
 
 「見て!これ、一応adidasらしいよ?」と傍で見ていた高校生も感心しており、見ると確かにadidasのロゴが手作りバットにつけてありました。他の物も見ると、自分なりにキラキラのテープが巻いてあったりと、デザインにも凝っているようです。グローブもボールをキャッチしやすいように工夫してあり、感心してしまいます。
 
 手作り野球グッズで、楽しそうに遊んでいる子ども達の様子を見ると、大変微笑ましく思います。
 
 手作り野球グッズの材料の中には、古い教科書の再利用もあり、おやおやと思うものもありますが・・熱心に遊んでいる姿がかわいらしいので、そこは目をつぶって・・・
 
 早く梅雨が明け、子ども達が思う存分、みんなで『手作りグッズ野球』を楽しめますように!!

七夕飾り

2020-07-18
 七夕がやってきました。
 
 本物の笹は、なかなか手に入らないので、本物そっくりの笹と共に色とりどりの短冊の紙を用意しました。
 
 七夕の由来を話し合う良い機会とするために、七夕の由来を書いたチラシも添えました。
 
 遠い昔の平安時代に日本に伝わった時には、里芋の葉にたまった夜露を天の川のしずくとして集めて硯で墨をすって、カジという植物の葉に文字を書くという行事があったそうで、江戸時代にはさらに形を変えて、現在では、生命力が強い竹や笹に神様が宿るとされ、短冊に願い事を吊るすようになったようです。
 
 さて、子ども達はどんな願い事を書いたのでしょうか・・
 
 ・勉強をやる気になりますように
 ・部活のレギュラーになりたい。
 ・大金持ちになれますように。
 ・将来、将棋士さんになれますように
 ・コロナがおさまりますように
 ・たくさん食べても太らない体になりますように
 ・彼女が出来ますように
 ・運が良くなりますように
 ・魔女になって魔法が使えるようになりたい。
 ・身長が伸びますように etc
 
  願いが叶いますようにと、短冊を目の前に手を合わせる姿は、何とも微笑ましく思いました。
 
 七夕の夜には、織姫と彦星が会えるように小さな子どもたちは、てるてる坊主を作りました。
 
 子どもたちの願いが叶いますように、切に願いたいと思います。

ちまき作り

2020-07-04
 新型コロナウィルスが流行する中、世界中で命を守るために、今なお対策が講じられています。
 
 旧暦の端午の節句は、今年は6月25日ですが、私たちの住む福島市では、端午の節句にちなんで『ちまき』を作る風習があります。
 
 青葉学園では、笹の葉の成長に合わせて、毎年旧暦の子どもの日に『ちまき』を食べ、菖蒲湯につかって子どもの健康な成長を願っています。
 
 『ちまき』は、その地方で形も味も違うようですが、福島の『ちまき』は、1枚の笹の葉を三角の筒状にしたところに、もち米を入れ、もう1枚でふたをする様に折り込んで、それをいぐさで縛って作ります。笹の葉といぐさの香りは、何とも言えない情緒を感じます。
 
 園長をはじめ、ちまき作りに参加しようと三角巾とエプロン、マスクに身を包んだ職員有志16人が集合しました。
 
 「あれぇ、米がこぼれた!あっ、いぐさが切れた!」
 
 「いぐさの巻き方、次は、どうやるんだっけ?」
 
 初めて体験する職員もいて、ハプニングもありましたが、皆楽しそうに『ちまき作り』に挑戦しました。
 
 後半は「よし!うまく出来た!」「作り方覚えました。」という声も聞かれ、全部で225個完成しました。
 
 その日のおやつは『ちまき』。
 
 子ども達は、自分達の健康を願って作られた『ちまき』を頬張って大喜びでした。
 
 そして、邪気を払う薬草、勝負に強くなるという由来に従って、菖蒲湯に浸かりました。
 
 職員一同、子ども達が元気で健やかに育つことを願っています。

駄菓子屋さん

2020-07-04
 今年は新型コロナの影響で、長らく子ども達も分散登校を続けることとなり、園でもステイホームが続いていました。
 
 そんなステイホーム期間、買い物外出も見送りとなり、残念がる子ども達の様子が見受けられました。
 
 その様な折、子ども達の表情が一変することが、ありました。
 
 駄菓子屋さんごっこを思いついたのです。
 
 子ども達が大好きな飴玉、ゼリー、うまい棒、サラミ、ジュース、ポテトチップ、チョコレート、麩菓子が並びます。
 
 子ども達が値段を決めていきました。
 
 「どうしようかなぁ。これは30円、これは20円、100億円!無限!・・なに!?」
 
 楽し気な構えのお店の他に、紐を引っ張るとお菓子が上がってくるという工夫を凝らしたくじ引きコーナーもあります!
 
 お店屋さんとお客さんの二手に分かれて両方を体験しました。
 
 「いらっしゃいませ!ジュースはいかがですか?」
 
 「あっちが空いているから行ってみようか。10円玉を何枚出せば買えるの?」
 
 お金を払って気に入った駄菓子を手渡されると「本当の買い物みたいだね!」と目をキラキラさせる姿が見られました。
 
 子ども達は、お金の計算をしながら、自分の好きなお菓子を買ったり、お店屋さんになって、お客様の立場を体験できたことが、よほど楽しかったのでしょう!
 
 「楽しかったね!」に続いて、「こんなに楽しいことを考えてくれてありがとう!!」という言葉を添えてくれたことが、一番嬉しく心に響きました。
 
 子どもも職員も思った以上に共に楽しめたひとときでした。
 
 ~コロナが落ち着いたら、今まで通り本物のお金を使って街に買い物に行けますように~
 
※ 最近になって、園でもようやく少しずつ職員付き添いの元で買い物も行けるようになってきたところですが、依然として感染対策には十分留意し、現在でもステイホームを続けています。
 

花に思う

2020-05-07
 青葉学園では、正面玄関、各ホームの玄関、そして廊下や棚などに絵画と共に生け花を長年にわたって飾っています。
 
 花をいけていると、子どもも職員も「あっ、いい香り!」とか「何ていう花ですか?」「きれいですね」「ステキです」などと声をかけてくれることが多いです。
 
 そして、必ずお互いに笑顔が100%生まれます。
 
 天気や心の中が、どんなにどんよりしていても、花には間違いなく、人を癒す力があると確信しています。
 
 フラワーセラピーの大きな効果を実感してやみません。
 
 「生け花いいっすよね。花瓶が2個あるんですけど、生けてもらえますか?中高生男子にも、結構いいので」と若い男性職員も関心を示してくれると嬉しくなります。
 
 先日は、普段、無口な男児が生け花をしている間中、その様子を見ていたので、「ほら、いい香りがするでしょ?」と話しかけると「あっ、ホントだ!」と、その後の語りかけにもパッと明るくなったことにも感動を覚えました。
 
 そんな折、次の記事を見かけて、ますます花の生活の中で果たす大きな力を感じました。
 
 東京経済大学名誉教授の関沢英彦先生が、ネットで配信された記事の『花を活ける人は、生を活ける人』というタイトルに目を引き付けられました。
 
 一部記事を引用させていただくと、「生活という言葉は、生を活けると書きます。まさに花を活けるは生を活けることなんじゃないかしら」という内容です。
 
 全く同感し、花を活けることにますます喜びが沸き上がる今日この頃です。
社会福祉法人 青葉学園
〒960-2152
福島県福島市土船字新林24番地
TEL.024-593-1022
FAX.024-593-0687
 当ホームページに掲載されている画像及び文章 記述の無断複製 無断転載を禁止いたします。無断利用の場合には、法律により処罰されます。
0
1
1
9
2
3
TOPへ戻る